image

石垣島&西表島の旅 5日目 ☆水牛に運ばれる

石垣島&西表島の旅 5日目 ☆水牛に運ばれる

いよいよ最終日。

お昼の船で石垣島に立つので、短時間で楽しめるところを、

ということで、行き先は由布島に決定。

路線バスで向かいます。

image

日本最南端のバス停。

image

道路は島の東側と北側だけ。

ほぼ、島全体が国定公園。

由布島バス停を降り、島にはこの方が連れていってくれます。

image

ベテランの海くん。

力強くしっかりとした足どりで、由布島へと歩みを進めます。

image

向こうに見えるのが、由布島。

image

操車とガイドのおじさま。

道中、三線片手に歌も歌ってくれます。

三線と沖縄の歌と、海くんのゆったりした歩みのリズムが、時間を引き伸ばしたかのような不思議な感覚に誘います。

image

image

由布島から見た西表島。

由布島は、1969年に台風による高潮で島全体が大きな被害を受けて、島民は西表島に移っていったそう。

でも、おじい一人だけが島に残り、砂地だけになった島に、根気強く植物を植えていったそうです。

image

50年経って、由布島は西表島の一大観光地に。

この日も観光バスが次から次へとやってきて、観光客は午前中ですでに300人以上だそうで。

水牛車と入場券が1400円だから、1日の売上は……   ってことは、1年で…

って思わず計算しちゃいました。

おじいのお陰で、西表島の収入源が増えて、島の人々を潤わしているんだなー。

人の行動の価値は、何年も経ってわかることもありますね。

image

蝶も花を求めてやってきて、

image

黄金のさなぎ。

image

またまた撮影に夢中なまーしー。

女子旅というより、職人旅ですな。

image

まーしーのポージング指導の結果。

image

帰りのバスも同じ運転手さん。

北京語と英語が堪能な国際派おじいでした。

「最近の香港人は英語話さなくて困っちゃう。広東語まで話せないよー。」

と言いつつ、見事な客さばきでした。

車中、いろいろトークして楽しかった!

 

ああ、濃密な西表島ともそろそろお別れ。

うーん。全然2日じゃ足りない!

また来ます。


Comments are closed.